2013年1月17日のカルチャーティーチング参加校から感想文が届きました!

今回、カルチャーティーチングに参加させていただきまして、本当にありがとうございました。東京にいる間は接することのないアメリカ軍の家族の方とお話をすることが出来、自分の中で新たな発見と驚きを見出すことが出来ました。最初は言語の壁に対し、多少の不安を感じていましたが、家族の方はとてもフレンドリーで私達のことを暖かく迎え入れて下さったおかげで自分の気持ちを他の国の人に共通した言語で伝え、コミュニケーションをとることが楽しいと感じるようになりました。こうして言語の壁を越えて他の国の人と触れ合うことで、少しでも世界を知ることが出来ました。そして、沖縄のほとんどの人がオスプレイの配備を反対しているといいますが、米軍の家族の方は自分の夫が乗っているから安心。又、オスプレイが配備されなくなって沖縄が危険になる方が怖いと思うと言っていました。

 今後、またこのような機会がありましたら、ぜひ参加したいと思いますし、そのためにも自分で努力すること、知っておきたいことはたくさんあるなと実感しました。

 最後になりましたが、今回のプログラムに参加させていただいたことは私達が世界を考える一歩になったと思います。本当にありがとうございました。

 

敬具

2013年1月24日

法政大学高等学校

高2修学旅行

沖縄本島コース実行委員長 山川七海

コメントは受け付けていません。