ディプロマを受けて


■名前…………S・Kさん
■コメント /
体験談:
まず、なぜ参加したのかと言うと、高校卒業があれば自分の可能性が広がると思いました。
大学進学や働く時に有利だからです。

次にディプロマを受けてみての生活の変化について
まず、読書が習慣になったことです。これはとても嬉しかったです。今までは本を読んだことはあまりなく、外で遊んでばかりいました。
それが今ではトイレではトイレ用に一冊、リビングでも一冊、ベッドには三冊以上あります。時間が空けばいつも読書をしています。これは華氏451度や嵐が丘を読破したことで読書に対する自信が出てきたからだと思います。

その次に英会話についてです。
もともと家にあった、ピンズラーアメリカ英語という教材を一から始めました。これはインターネット英語と同時にやっています。英語は勉強というより、遊び感覚でできるので楽しいです。朝にヨガをやったあとにピンズラーアメリカ英語をやるのが最近の習慣になっています。ディプロマは自分のペースでできるので続けやすかったです。自然なリズムで着々と進んでいるのが分かり、モチベーションの維持も容易でした。
最後にディプロマ取得後についてです。
僕の人生の目的はスポーツの楽しさを世界の人々に伝える、という事です。
その初めの一歩としてストレッチインストラクターという資格を取得しようと思っています。この資格を取得するためにはストレッチングトレーナーという資格が必要なので、まずはその勉強をしようと思います。ストレッチインストラクターとして働きながらYOGAのインスタラクターの資格も取得しようと思います。
このような資格の取得後は、老人ホームなどでストレッチを教えようと思っています。
僕は、ディポロマによって、またがんばろうという思いになれました。
高校を中退した人に、ディプロマがある事を知って欲しいです。
ディプロマを知ることができて幸せです。

コメントは受け付けていません。