取得した理由


■名前
N・Y
■コメント/
体験談:(通信制で高校卒業資格を取得した理由など)
私は、小学校時代から「学校」という場所が苦手でした。
理由は色々ありますが、とくに人間関係がうまく築けない、休みがちだったため勉強に追いつくことが出来なくなったということです。そのうちに「いじめ」が始まり、信頼される教師から見放され不登校になり、すっかり人間不信になっていました。

中学3年生になり進路相談が本格的に始まった時も、進学という考えは毛頭ありませんでした。中学校卒業と共に社会人になることを決めていたのです。そして16歳で家を出て自立し、しばらくはフリーターとして生活していました。ですが私は精神的にも強い人間ではなく、社会人としての生活・人間関係に疲れ、いつしか自殺未遂を繰り返したのです。そんなこんなで17歳の時、今の主人と出会い、心の支えになってくれ、おかげで生きることを諦めないで何事も頑張ればいつか報われると気づかせてくれたのです。
その人は小学校の教員をしていました。18歳になったときに結婚したのですが次第に主人に影響され学生時代の辛い出来事を克服し「私みたいに信頼できる教師に出合えず苦しんでいる子供たちのために、私が自分の体験を活かし少しでも、その子たちの力になれば・・・」と思うようになりました。そして私は中卒でしたので何ができるのか調べました。すでに結婚していることもあり仕事もあったので通学するのは難しく、通信でどうにかして高卒資格を取り、教育学を学びたいと説に思ったのです。そこでインターネットでいろいろ検索したところフレンズアブロードのディプロマ
プログラムを見つけました。
体調的なこともあり、終了までにだいぶ時間が掛かってしまいましたが、なんとか終了することが出来たのでこれから都内にある大学に通信で入学し教諭課程を修了し、子どもたちに接する仕事(教育機関)に就き現代社会に生きるデリケートな子どもたちの力になれるよう精進したいと思っています。時間に余裕のない私でも、このようなプログラムのおかげで夢を諦めずに済みました。

最後に校長をはじめ、こまめに連絡をくださった沖縄校の皆様、本当にありがとうございました。

コメントは受け付けていません。