「ディプロマ取得を終えて」


■名前…………M・Hさん
■コメント
体験談:(通信制で高校卒業資格を取得した理由など)
私は様々な事情から高校2年生の時に中退し、すぐに就職するという道を選びました。
あの時は中退する事に対して深く考えずにただ辞めなければとしか、思っておりませんでした。辞めた事は今まで一度も公開してないのです。何か考えてもその時に出来た一番ベストな選択だたと思うからです。

社会人になり5年目が経過した年に、少しづつ「もう一度勉強がしたいな」という思いが
芽生えてきました。まだ出来るなら、きちんと高校を卒業して大学へ進学したいなと考える様になたのです。通信制で高等学校へ編入も考えましたが、何分私は理解力が遅い為に自分には向かないと考え、文部科学省が行っている「高卒認定試験」を受け一年間で必要科目取得のほとんどに受かりました。しかしどうしても受からない科目があり悩んでいた所、ディプロマ取得というのを見つけ受けさせて頂きました。

初めはすべて英語という部分に「自分で大丈夫だろうか?」と不安な思いが一杯でした。英語は嫌いではないのですが(英会話を個人レッスンで習っておりましたし)英会話と文法の違いに、あまり文法を覚える気になれず、単語の多さや微妙なニュアンスの違いで意味が変わる事にも、自分の中で苦手意識を高めていました。

単語帳を買ったりして覚えていく中で何となく解り始め楽しくなりました。

解らない時に一度自分でしたテストは内容が全然メチャクチャでほとんど合ってなかったのですが、勉強して(古い教材をひっぱり出し)理解できてからは英語が好きになりました。

無事卒業出来たので、これから大学への進学を考えています。

卒業資格が手に入った事で治部の可能性が広がった事は凄く良い事だと思ってます。

今までの自分の人生が単位になるこのシステムは素晴らしいので、ぜひ皆に受けて欲しいと思ってます。

コメントは受け付けていません。