たくみ君、高校正規留学でアメリカへ出発しました!!

先週の金曜日にたくみ君がアメリカコロラド州の高校へ正規留学の為出発しました!!

今回は大変レアなケース。たくみ君はすでに高校3年生で今年の3月に日本の高校を卒業予定ですが、卒業を待たずこの時期に留学を決意し将来の夢メジャーリーグのトレーナーになるべく出発しました。アメリカの高校では野球部に入ることも決定しています。

卒業後はアメリカの大学へそのまま進学予定です。
これからのたくみ君の将来が非常に楽しみです!!!

20160110_185416 20160110_143602 20160110_195531

新たな野球に出会う

こんにちは!伊禮翔哉です!

今日は、アメリカでの野球体験について書いてみたいと思います。

僕は、野球というスポーツに出会い早11年になります。

しかし、アメリカで出会ったBaseballは僕の野球人生にどでかい衝撃を与えるものでした。

この国の人たちはなんて楽しそうに野球をやるんだ!今まで僕がやってきた野球との文化の違いに驚き感じた瞬間でした。

試合後、次の試合の間にビールを片手にBBQをしたり、試合中に選手の奥さん同士で、乱闘劇があったり、試合中選手がヒマワリの種たべている日常

選手も観客も、審判も自由だなぁという感じで(笑)

部活の野球から、新しい野球に出会った感じがしました。

小学校から勝利のために、練習に明け暮れていた毎日が普通とおもっていたが、野球をがむしゃらに好きで、全力で楽しくやることが一番であるという発見があった。小学生も大人も野球を楽しむことは一緒なんあだなー

ルールも野球の感覚もその場所場所で違うし、日本だけの野球で終わるのではなく、世界のBaseballを知るだけでもこれからの野球に対する思いや向き合い方も違ってくると思います。

せっかく、海外へ出て語学を学ぶのであれば、自分の好きなスポーツを生かしスポーツを通して英語や文化を学ぶのも良い手段ではないかなぁと私は考えます。

僕のアメリカでの生活は、とても有意義で、たくさんの人に支えられ、たくさんの人に出会い多くの刺激があり、貴重な体験ができたことは今の自分の財産になっています。

ほんとに楽しかったー!

文章を書くのが苦手でうまく伝えきれえないですが、ぜひ皆さんにも新しい出会いを体験してほしいです。また詳しく聞きたいと言う人がいましたらフレンズアブロードまで連絡ください。

 2011年11月21日

みなさんお久しぶりです!

みなさんお久しぶりです!伊禮翔哉です

2009年のアメリカ出張以来の登場になります。

実はですね、長嶺社長のアメリカ出張に同行し帰国して一か月後、アメリカのコロラド州(デンバー)のColorado school of Englishへ10ヶ月間語学留学へ行ってきました。

野球しか知らないあんぽんたんの僕が、あんなにデッカイ国の言葉も通じないところで過ごした生活は、もの凄い刺激的な体験になりました。

アメリカでも野球がしたい!野球をしながら英語を学びたいと考え、各球場を回り身振り手振りで、おれをチームに入れてくれとアピールをし

「Rojos」という地元のチームでプレーすることができました。

なんとしかし、入ってみるとメキシコ人のチーーームッ!スペインゴー!笑

よし!スペイン語も一緒に覚えようという!スーパープラス思考でEnjoy

マネージャーのLuisは、とてもお世話になり、野球以外でも英語やスペイン語をおしえてくれ、プライベートも一緒に過ごしほんとに家族のように可愛がってもらいました!感謝です!ありがとうみんな

グラシアース!

Rojosは地元の大会で優勝することができ、なんとそこで僕はMVPに選ばれました!!やったあー

地元の新聞にも写真が載り、最高の思い出になってます!

おっと!しゃべりすぎましたね。

そう今回、Baseball life projectのお手伝いすることになりました。

自分のアメリカでの野球経験が皆様の少しでもお役に立てれるよう一生懸命頑張りたいと思います。

伊禮 翔哉(名桜大学人間健康学部スポーツ健康学科3年次)

翔哉君の感想は?

アメリカの出張から戻ってきて1週間が過ぎました。
今日は、出張に同行した伊礼翔哉君の初旅行の体験や感想などをインタビューします。

 Q旅に出る前と帰ってからの自分の気持ちに変化はありましたか?

 「アメリカに行く前は不安な部分が多かったのですが、3週間旅行してみてすべて
が、初めてのことで戸惑いもありましたが、今の自分に足りない部分や課題が明確に
なりましたね。
またアメリカに対してのイメージが変わりましたね。やっぱり犯罪に多い国ということで怖い部分が強かったのが、現地の雰囲気や外国人との関わり、すばらしい自然…

あの感動は、不安を吹き飛ばすものでしたね!」

Q沖縄を出る時とアメリカに着いた時に何か特別な感情はありましたか?

 「そうですね。やっぱりアメリカに着いた時の感動ですかね。車の多さや高層ビル…
なんだこれは?!! すげえの連発でしたね。
あと周りがすべて外国人だったので、今までにない変な違和感がありましたね。」

 Q車で移動したわけだけど、アメリカをドライブして気づいたこととか、おもしろい
と思ったことは? たとえば、ハプニングなどは?

 「景色が凄い!!!広い大地が永遠と広がっていて、ロッキー山脈などドライブでし
か味わえない醍醐味じゃないでしょうか。
自然を感じながらのドライブは、僕にとっては、最高でした。
ハプニングといえば、スピード違反で捕まったのが、ちょっと。
銃で撃たれるんじゃないかドキドキでした。今思えば、いい経験ですね。」

 Q英語などはどうでしたか?通じましたか?
「う〜ん、通じないですね(笑) ジェスチャーや単語を並べても通じないときはつらかったです(涙)
やっぱり、自分の気持ちを思うように伝えないもどかしさはありましたね。でも、小さなことでも相手に自分の英語が伝わった時は、本当にうれしかったです。

この経験が、もっと英語の力をつけたいというパワーの源になっています。」

 Qアメリカ人については?

 「僕のなかではみんなアメリカ人にしか見えないのですが、実際はインドの人やスペ
イン人、フランス人などいろんな国の人がたくさんいて驚きでした。アメリカ人や外国人は初対面でも How are you doing?と、友達のように話しかけてきてくれて、全然距離を感じなかったですね。日本人とは違う価値観や考え方があって面白かったですね。」

 Q今回は野球プロジェクトのこともあり、アメリカの野球にも触れてきたと思うのだ
けど、それについて教えて下さい!

 「今回は、シーズン前とあって、あまり野球がまだ活動してないとうこともあったの
ですが(全部見ていないので、正確ではありませんが)、僕が見る限り、日本人の野球
レベルは高いほうだと感じました。


体格では勝てませんが、技術の面では基礎基本がしっかりできている日本人の方が、上だと思いました。 6〜9月にかけて野球のシーズンが始まるので、これからですね。チームはたくさんありましたね。場所によっては、募集する次期が変わってくるので、そろそろ注意して下さい。」

 Qアメリカに行く時に、これは準備したほうがいいかも、というアドバイスなどは?

 「そうですね、持ち物などは旅の本などを参考にしてもらって、あとは気持ちの準備
というか、ショッピングや日常で使うであろう言葉を考えて覚えておくと、とても助かると思います。

 あとは、なんでも経験と思って、挑戦する気持ちですかね。」

 以上、翔哉君のアメリカでの印象を語ってもらいましたが、これからアメリカへ行くみなさんも、参考にしてみてください。外国を体験することは、きっと人生のプラスになりますよ。

BAY SOCKS

 


 Hi     Frieds Abroad米国出張旅行に同行している伊禮 翔哉です。
San Joseでベイソックスというチームの練習に参加してきました!!
カリフォルニアでは、野球の大会が始まるのは6月からだそうでまだチームとして活動してるのは少ないそうです。(シーズンは6月〜9月)ベイソックスも2週間前からしかはじめたそうで、まだ選手を集めている状態でした。

チームの様子は、マイペースに楽しみながらやってアメリカらしい感じでしたよ。日本みたいにきっちりきっちりではないですね!レベルは、思っていた以上に高くなかったです。人数もあまりいなかったですし、まだしっかりと練習していなかったので正確とはいえませんが・・ いろんなチームを見てみないと言えないですね。日本で今までやってきたは、ここでも通用するという自信はでてきましたよ。

練習メニューは、キャッチボール・外野ノック・内野ノック・トスバッティングという感じでした。最初は、怖くて話しかけたりするのを、躊躇していたが野球をしながら徐々にうちとけてきて、楽しくできました。JOYという友達もできましたよ。

一人友達を最初につくると、いろいろ教えてくれるので助かりますよ!他にもチームはあるみたいのでいろいろ探して情報を集めたいと思います。

 

 2009年05月10日

1 / 41234