33年の実績を積んだフレンズアブロードが高卒資格プログラムを開設☆
スムーズに、確実に、次のステップへ!!!!

代表者挨拶

フレンズアブロード代表
琉球大学経営学科卒
学生時代に3年間世界1周をしながらスペインに2年留学。
世界中の人々とのかかわりの中で国際交流と人材育成の必要性を実感。
卒業後、フレンズアブロードを創設し、各種の国際交流プログラムを運営して現在に至る。海外渡航歴50回以上。

 

基本理念

このプログラムは、”一つの学校に3年間籍を置いて”ではなく、社会全体、生活全般が学習できる場、学校であるという考えからのカリキュラムです。
中卒でも、途中で高校を辞めたにしても、その前の人生、その後の人生でどういうことをしてきたかが大切だと考えます。

あなた自身が一生懸命何かをやってきたのであれば、また、これから何かの目標に向かって進んで行こうと思っているのであれば、
それだけで十分に高校卒業と同等の、またはそれ以上の資格があると信じております。
既存のシステムにとらわれることなく、自分がやってきた事、
やろうとしている事に自信を持つことでその先へと進むことができます。

 

1979年フレンズアブロードは、色々な国の人々が様々な理由で共存している沖縄で外国人との異文化交流プログラムを始めました。
1984年に、私自身、今なお本当にすばらしいシステムだと思っている、アメリカの「高校留学プログラム」に出会い、そのプログラムを業務のなかの一つとして取り入れました。
それを実施している中、私はある事に気付きました。

それは・・・高校留学に参加する生徒のなかには、何らかの理由があって学校へ行けなくなった生徒や、日本の教育システムの範疇に収まらず高校を中退した個性的な生徒がいる、ということ。
私自身そのような生徒たちに魅力と大きな可能性を感じ、彼らの留学やその後の進路・目標を応援していきたい、という思いから当プログラムを開始しました。

開始にあたってのストーリーは”高卒資格Diploma誕生のいきさつ”よりご覧いただけると幸いです。

 

代表取締役 長嶺

よくある質問

高校卒業程度認定試験(旧大検)とはどう違うんですか?

  • 卒業後進学しなくても、最終学歴として”高卒”となる。
  • 本人が今までにやってきたことをきちんと評価するので(単位化)、時間や労力に無駄がない 。
  • 短期で集中して要領よく次のステップへすすめる
  • 途中で諦める人が殆どいない

という事などがあげられます。

なぜ、人生経験を単位化するのですか?

社会全体が学校という考えからで、そこで経験するものは普通の学校で学ぶものと同等以上の価値があると私達は考えるからです。

*基本科目の学習は必須となりますが、”勉強が苦手”という方でも確実に卒業できるようサポートいたします。全てはあなたのやる気とその先の人生を大切に思う気持ち次第です!!

英会話訓練のシステムは必須?

アメリカの高校卒業資格ですので、英語をある程度マスターした方が、より価値が出てくるという考えから英語力の向上のための学習を受講生のみなさまに勧めております。
英会話は高度にまでマスターしなくても、基本科目の学習のみでも卒業資格の取得は可能ですが、長いスタンスで人生を考えた場合、この国際社会のなか、1~5年、10年かけても少しづつでも勉強した方が良いのではないでしょうか?
 

学習することにおいては積極的な態勢でいた方があなた自身の為にもなります(^^)

高校中退でもこのプログラムに参加できますか?

16歳以上であればどなたでも参加できます。
ただし、卒業できるのは通常の高校生と同等の年齢でしか卒業できません。
20代、30代以上の受講生が多く、シニアの方もいます。

もちろん、資格として履歴書にも記載できますので様々なタイプの資格取得に力を入れていらっしゃる方にもおすすめします。

どのような人生経験をすれば良いですか?(評価されますか?)

入学から卒業までの流れをご覧ください。

最短どのくらいで取得できますか?

個人によってもちろん違いますが、短期取得されたかたの平均は約2~3ヶ月です。
通常は半年~1年です。 単位を取得して卒業単位に達した時点で卒業が決定します。

諸事情により長期間必要な方はご相談していただいております。

どういう人が参加していますか?

様々な方が受講しています。
お仕事をしながら、プロアスリートを目指しながら、専門分野に集中していて高校通学が出来ないかた、留学を目指ざしながら、海外駐在員のご家族、50歳からの人生の再チャレンジ、障害をもたれているかた、フリースクールに通い中の方・・・・など、色々なケースがあります。

困る事はありませんか?どうしても解答が無理!となる場合はどうしたらいいですか?

受講方法は2通りあり、英語特待生としての受講、または一般受講より選択できますのであなたに合った受講方法で受けていただくことができます。

内容も基本的な問題が多いので少しづつ学習して基礎を固めながら学習することが可能。
問題は全て選択問題です。

私達も、多くの方が少しでも早く高校を卒業し、次のステップへ笑顔で進んでいただけることが第一の目的でこのプログラムを行っています。精一杯協力いたしますのでご安心下さい。
詳しくはお気軽にお問い合わせください(^^)

これまでに何名くらいの人が卒業していますか?

2011年5月現在、国内ではこれまで約600名の方が卒業しています。
卒業生はそれぞれの分野で資格を活用しています。(進学・就職・留学など・・・)

なぜこの資格を日本に導入したのですか?

アメリカでは高校卒業が義務教育です。
基本的な教養を学ぶことと、その人自身がその後の人生において何を目的・目標として生きていくのかを重要視していますので、人によっては必ずしも多くの時間を費やして取得する必要がないという信念と大切な時間は取得後のそれぞれの専門分野で使うべきだという確信からです。

 

サポート校<福岡>

    

 
    

10 / 10« 先頭...678910