溝渕君、沖縄プログラムへめんそーれ♪

兵庫県からやってきた溝渕君★

11月12日~15日の3泊4日間、高卒資格プログラムの課題を見事短期間で終了した溝渕くんが沖縄プログラムへ参加してくれましたsmiley

さすが関西人!!!関西弁でのストレートなものの言い方が私たちスタッフに大ウケで、りょうくん、社内にたくさんのほっこり笑いを与えてくれました(笑)

17歳とは思えないしっかりとした性格と外見の彼は、本当に落ち着いていいて好奇心旺盛なさわやかボーイです。
沖縄にきて2日目にダイビング体験をしたのですがそこでも”大学生に見える”と言われたほど。 

このプログラムが”自主的に”課題を解かなければ前へ進むことのできないシステムだからか、生徒さんは結構もともとがしっかりしている方が多いんです。
 

りょうくんは沖縄プログラム中、フレンズアブロードととても関わりのある(経営者が元フレンズアブロードスタッフです♪)浦添市にある格闘技ジム”真樹ジム”で体を鍛える基礎を受けていただきました。
あとは体験ダイビングと異文化交流!こちらも写真があったらよかったのですが・・・。後日受け取ることができ次第UPします♪

ということで、真樹ジムでの彼の様子をご覧くださいませ!

海外へいくことにも興味がある様子で、いろいろとお話しをしました☆
帰る前は、”沖縄に住みたい”と言ってくれましたwink とても好奇心旺盛でしっかりとした、一見シャイですが実は関西色バリバリのりょうくん。またぜひ遊びに来てくれることを期待しています!

マダ17歳の為、卒業は再来年になりますがその期間中はご自身で様々な体験を積んでもらい卒業までに単位加算の為頑張ってもらいたいと思います★

今後のりょうくんが楽しみです(^^)smiley

 

 

 

 

 

卒業生より生の声★

卒業生より生の声をご紹介します♪

今回は、12日から兵庫県から卒業プログラムに参加した凌君と、来月卒業プログラムに参加予定のえつこさんからプログラムを受講しての感想をいただきました☆

今後受講を考えている方、高卒資格を取った方がよいのかいらないのか・・・などなど迷われている方、参考にしていただけると幸いです♪

★モデルや芸能人の方々も☆

モデルや芸能人の方々、スポーツ留学の方など全国だけでなく、海外からも様々な方がフレンズアブロードの高校卒業資格の受講生・卒業生がいますsmiley

かの有名な、ディアマンテスのアルベルト城間さんとフレンズアブロードの代表である長嶺との友好関係から始まり、歌手や芸能活動をされている方々とは何かと縁がある様な気がします。

かといって、あまりミーハーでなく、騒ぐこともない私たち沖縄人・・・

ただ、今月もまたアメリカンハイスクールアカデミーより新しく卒業生が♪ 名前は出さないようにという要望があったのですが、温かい感想文をいただきましたheart

どうもありがとうございます☆★

今後、私たちの対応に関していろいろと反省や修正が必要な部分もありますが、高校卒業を機に、夢や新しい目標に向かって前進していただけることはとても、とっても嬉しく思います。
今後も、自分の夢・目標に向かって全速力で頑張る方々をフレンズアブロードは応援します!!!!以下、mさんからいただいた感想文をご紹介します。

 

私は、色々な経験を得て最終的に海外に移住したいと思いました。

どうせ語学を学ぶなら語学学校より大学に行き色々な事を一から学びたいと考えたのです。ですが、高校中退をした私には高卒資格は当然なく・・。どうしようか?と悩んでいた時にインターネットでフレンズアブロードの事を知りました。

高校を中退した人には、在学中に取得した単位が認定され、経験や資格にも単位として認められるという事に驚きを感じながらも本当にそうなのか??と半信半疑で問い合わせをしてみました。このプログラムのしくみや、卒業にあたって何をしていくのか?など簡潔に丁寧に教えてもらいました。それでも1番不安に思った事は課題の量でした。

主要科目以外が単位として認められると言っても、課題が膨大な量だろう・・。

と思っていたのです。私は、仕事が忙しく勉強が得意ではないのに本当に最後までやり遂げる事ができるのか?と不安だったのでその事を伝えました。

そしたら最終的に提出する回答用紙を見せてくれました。これだけ??想像した問題の数よりかなり少なくてビックリした私はこれなら出来る!!と確信し即効に申込みを入れました。課題が届くまでの間、英語の勉強を基礎から簡単に復讐し始めました。

文法など、ほとんど忘れていたので課題が届いてからは問題を解くのに最初は時間がかかりましたが、やっていく内にどんどんと訳せるようになり勉強が楽しくなりました。

1ヵ月で課題を終わらせてやる!という目標を立て週に2日何時間も課題に没頭する日を作りました。それでもやはり日本と違う問題の出し方や歴史に戸惑い煮詰まった時もありました。そういう時は、勉強をやめて仕事や好きな事だけをして過ごしました。

そしてやる気がある時にネットで調べたり聞いたりして一生懸命ひたすら問題を解きました。このように自分のペースでできるといった所がこのプログラムのいいところだと思いました。そして目標を達成した時には、なんとも言えない達成感を感じたのを今でも覚えています。この意欲を学生時代に持てたら良かったのにと少々後悔もしつつも今やって本当によかったな~と思いました!むしろもっとはやくこのプログラムに出会っていたら良かったのに~と考えたりもしました^^;

ただ、ミスプリが何点かあったので考える時間が無駄にならないよう改善してもらいたいです。対応は早い時と遅い時がありミスが多々あったのでもう少し対応をしっかりしてもらえれば、双方にとってより良いと思いました。

でも、どんな事でも優しく丁寧に説明してくれたので受講する側にとっては背中を押してもらえたと思っています。ありがとうございました^^

 

卒業にあたり、これからの目標は、海外に移住しアメリカの大学に進学する事です。

今は日本での事業を軌道にのせる事が最優先ですが、人生の選択の幅が広がり色々な計画を立てる事ができ、本当に幸せだと思っています。

このような時代で、卒業資格がとれなくて悩む人はこれからもいっぱいいると思います。

私もそうでしたが、このプログラムがあるという事を知っているか?知らないか?では、

大きく人生の選択は変わると思います。悩んでいる人がいたら、私はこのプログラムを教えてあげたいと思います。無駄な時間をかけずに必要最低限の事をして学力と高卒資格を取得できるのはこれより他にないと思うので。本当にこのプログラムに出会えて良かったです!相談にのってくれた方々、どうもありがとうございました^^

また、何かありましたらご連絡させて頂きます。

 

 

自信に繋がる留学体験。高校の夏休みにフィリピンで過ごした睦さん☆

高校生のムツミさん、夏休みを利用して短期留学へ♪

今日は、先月夏休みを利用してフィリピンで短期のプチ留学を体験した高校2年生の睦さんから感想文をいただいたのでご紹介~~♪

むつみさん、実は約1ヶ月の留学を予定していましたが、究極なホームシックの為途中で断念しちゃいました。

10名兄弟の中で育ったためか、常に周囲には誰かのいる環境で育った為”一人で出かける”、ということはこれまでの人生で一度もなかった!とお母さんからお聞きしていたのできっとフィリピンでいきなりの誰も知らない人の中での生活が苦しかったようです(TT) 
しかし、一人で飛行機に乗り、乗り換えをし、現地までいき、寮で寝泊まりし、毎日朝から晩まで英語の授業!!という生活を体験することで本人自身の大きな自信に繋がったんだな、と帰国後会社に顔を出してくれた際に感じることができましたっ♪

出発前は、一人でバスも乗れない!というむつみさん、なんと帰国後は人生初のアルバイトを探し、外国人のお客さんがたくさんくるレストランに見事合格し学校とアルバイトを両立させています☆
きっと来年は長期の留学をリベンジしてくれることを願っています!

高校生という多感で吸収力のある時期の留学は、その後の人生に大きな影響力を与えます。 たとえ短期の留学でも、本人にとって大きな自信と希望に繋がるんだな、と思わされた経験でした^^ 
彼女の今後を楽しみにしています^^ 頑張れむつみさん♪
ではむつみさんからの感想文をご紹介します☆

 

私は、フィリピンのダバオにあるIDEAという語学学校に夏やすみを利用して留学しました。
最初は、貧しい国で日本人が全然いなくて英語の上達がすごいんだろうな、と思って期待が大きくわくわくな気持ちでいっぱいでした。
でも実際行ったときは留学にきている日本人が多く、韓国人が少しいるかな、という感じで授業以外は日本語で話すこともありそんなに英語ばかりということもありませんでした。

でも、先生はフィリピンの方ばかりで日本語もわからないので授業中は英語だらけですごいな、と思いました。私は英語が話せなかったけど、理解できてきて単語単語ではありましたが先生にも話すことができてとっても嬉しくて、もっともっと英語を勉強したいな、と思うようになりました。

また、フィリピンは地元沖縄に似ていました。
気温や、ごはんがそこまで変わらなかったです。
でも、治安は日本と比べて悪いのを感じたので、日本がどれだけ良い国なのかを知ることができ、英語力以上に社会勉強になりました。
たとえば、空港では、”Money ! Money!!(金!カネ!!)と迫ってくる人もいれば、タクシーなどでお金を通常の3倍くらいに請求してきて、払うまでずっとにらんできたり、怖い人たちもたくさんいました。

でも、フィリピンにいって本当に良かったと思うし、とてもいい国だと思いました。
また留学にチャレンジして、きっと今度こそはちゃんと最後まで頑張りたいと思っています。   

むつみ

 

 

高校留学生Yuiさんの感想文!

私のホストファミリーは、私を本当の家族のように接してくれて、まいにち過ごしやすかったです。いままで見てきた中で一番最高の家族だと思います。
いつも笑顔あふれる家族で、しょっちゅうゲームしたり、買い物に出かけたり、本当に楽しかったです。

留学ってこんなに楽しいもんなの?って思いながら毎日生活していました。

でも学校の授業は、難しくてまわりの人がやってる事を真似して、先生が話してる事を聞き取りながらノートにも移さないといけなかったので、本当に毎日学校はキツイ思いをしました。

学校で友達と会って、昼休みの時間に友達の車に乗って、サブウェイとかピザを食べに行ったのは本当に楽しかったです。

お家に帰ったらいつもホストファミリーの妹達が、玄関の前で待っててくれて、ゆい!お帰り!と言って毎日バグしてくれて、なんてこんなに幸せなの?って毎日思わされました。
いまでも、ホストファミリーには感謝の気持ちでいっぱいです。
アメリカに留学して前は自分勝手で感謝の気持ちが感じれない人だったけど改めて、行かせてくれた親にとても感謝しているし、英語も凄く上手になったし、留学して特した事いっぱい!(^-^)今後の先の将来は本当に、楽しみです。
これからも英語を忘れないように毎日勉強し てまた私のホストファミリーに会えるよ うに一生懸命頑張ります。

諸見由衣