フレンズアブロードが提供するプログラム

留学生レポート 2019 Akari Vol.1

さて、今回は今年留学に旅立った3人目『Akari』のレポートを少しばかり(^^)

アカリも那覇市内の高校に通う高校2年生♪

アカリは一番早くホストファミリーが決まり、ホストの方からもなるべく早めにアメリカへ来て欲しいと言われ、一番目に旅立っていった子です。

そのため、通常よりだいぶ早め早めのビザの手続きが必要で、それでも学校もあるし、テストもあるし、かなりパタパタで不安もあったかも(^^;

それでもしっかり予定通りに旅立って、他の生徒よりも一足先にアメリカ入りして第三者から見るとラッキーだよね♪

向こうも夏休みだし、学校始まる前からホストファミリーと仲良くなれて(^^)

出発がギリだとファミリーにも慣れないうちに学校も始まり、もう学校にファミリーにと新しいことだらけの目まぐるしい毎日で、落ち着くまでに少し時間もかかるから。

そのおかげもあってか、しっかりと充実した日々を過ごしているようです♪

やっぱアメリカだな〜と思うイベントの写真が送られてきて、何と80's パーティーとでも言うんでしょうか?

80年代の格好をして登校する!みたいな日があって、生徒それぞれが80年代の格好で学校生活を送るって♪

1fdeb388-46d4-48e7-a9b4-62eaa28b48f3

なんかすごくいいですよね〜♪

0b31e674-c4bf-4ed7-956d-750743170c64

また面白いイベントあったらお伝えしますね(^^)

楽しいことだけではないと思うけど、しっかり留学の目的を忘れずに日々頑張ってよ〜!

留学生レポート 2019 Kokoro Vol.1

留学生通信、女子の一人目はこの子『Kokoro』!

ココロは那覇市内の高校に通う高校2年生で、学校にも通いながら留学の準備、語学の訓練を頑張り、8月に留学先のワシントン州スポケーンへと旅立って行きました!

ワシントン、スポケーンと言えば!?

そう! あの日本人初のNBAドラフト1位指名という大快挙を成し遂げた『八村塁選手』が通った『ゴンザガ大学』がある都市!

さらに八村塁選手は、ワシントン・ウィザーズに入団したので、ウィザーズの本拠地何ですよね〜♪

羨ましすぎる!!

ココロが留学している間に視察訪問しようかな!?

と個人的な趣味は置いておいて(^^;

ホームステイ先のファミリーもとても素敵な家族で、この間のハロウィンには、こんな素敵な写真を!!

73077490_141527810465170_5171628279265755136_n

ファミリーには小さい子もいるようで、英語の上達には最適な環境ですよね♪

すでに学校主催のパーティーにも参加したようで、なかなかアメリカンな派手なパーティーの様子もアップしてくれてましたよ♪

もうだいぶ環境にも慣れてきているようなので、ここからがスキルアップの本番ですね!

楽しみながら、しっかりと英語スキルも身につけておいでね〜!

74267915_144519316832686_7252481187615080448_n

留学生レポート 2019 Ikki Vol.1

2019 – 2020 留学生が渡米して早くも3ヶ月ほどになります!!

それぞれようやく落ち着いた頃のようで、それぞれのアメリカ生活を思う存分に楽しんでいるようですよ(^^)

それにしても最近はすごいですよね、、

各々の生徒がフェイスブックなどで自身の様子をアップしてくれるので、そんなに距離的にとか気持ち的にとか離れている気がしなくって、直接連絡はなるべく取り合わないようにしてますが、楽しんでる様子が目に見えて嬉しいですね♪

そんな様子をアップして、留学の魅力をもっともっとお伝えして、より多くの人間をアメリカへ、海外へ送り出したいと思っています(^^) 絶対に行って損はないですから!! その後押しをする役割だと思っています(^^)

ということで、まず今回は、留学決意も一番早かったバスケット大好き少年『Ikki』の様子をお届け♪

高校でもバスケの強豪を目指し県外の高校へ入学するも、度重なる怪我で思うように結果が出せない。

このままでは後悔が残る!と一念発起して、アメリカ留学を決意!

アメリカで本場の英語を習得し、将来はバスケに関わるトレーナー的な仕事に就きたいと。

出発前にも英語の訓練もし、インターン的に仕事の手伝いをしてもらったり(^^)

とても素直だし、吸収力がすごい!

69831040_690554424759163_8023840404690436096_n

これは200%くらいの経験値を得て帰ってくるだろうな!と思ってたら、

早速この2ヶ月で学校にも馴染み、NBAも観に行き、刺激的な毎日を過ごしているようです♪

72070066_710766242737981_7392462826150821888_o

ハロウィンの仮装も様にな理すぎてる!!

73100604_730408497440422_8382302403893919744_o

日本に帰る方がホームシックになってしまうだとか(^^;

75303386_730408460773759_209093881441026048_o

改めてすごいティーンだ!

そんな彼の留学ぶり、今後もアップしていきますので、お楽しみに〜!!

高卒チャレンジ〜沖縄プログラムで国際交流

今週、フレンズアブロード『高卒チャレンジプログラム』を無事に終了し、コロラド州のアメリカン・グローバル・アカデミーの高校卒業資格を取得されたOさんが、沖縄プログラムを受けるために沖縄にやってきました(^^)

沖縄プログラムとは、高卒チャレンジを終了された卒業生がフレンズアブロードのオフィスで卒業セレモニーを行い、2泊3日程度のスケジュールで沖縄観光+国際交流を受けるプログラムなんです♪

IMG_2732

これまでも様々な卒業生が沖縄にやってきて、生の英語を使う実践プログラムを経験し、人生における掛け替えのない体験をされてきています(^^)

その後の人生にも大きな影響を与えてくれていると思いますよ♪

せっかく高校卒業資格を取得して、これからますます頑張ろう!というところで、自分へのご褒美+沖縄ならではの国際交流を通し、これまでに味わったことのない経験を得る!

そういったプログラムです(^^)

今回いらしたOさんは、東京の方でモデルやダンサーとして活躍中!

ということもあって、沖縄にはちょくちょく遊びにも仕事でも来ているらしいんです。

IMG_2734

なので、大概の観光地には行ったこともあるし、観光よりも沖縄でゆっくりしたいなと。

ただ、やはり国際交流プログラムだけは興味津々で、言わばそのために沖縄に来るようなもんだと。

ということで事前に彼女に合いそうなファミリーもセッティングをし、当日には丸一日アメリカ人ファミリーと過ごしてもらいました(^^)

出発前の顔合わせでは、全然喋ってることが分からない〜(;;) と心配そうでしたが、終わってからの感想には、

『すごく貴重な経験をすることができました!! ファミリーもホント素敵で、一緒に料理をしたりアメリカのスーパーに連れていってもらったり、あっという間に時間が過ぎていってしまいました。ホントにありがとうございました!』

とすごく喜んでもらえてました(^^)

IMG_2738

いや〜、こちらとしてもすごく嬉しいですね♪

沖縄でしかできないこと、沖縄だから体験できるプログラム!!

これからの彼女の人生において、何かしらのプラスになっていくことを願います♪

高卒チャレンジを受けずともこちらの国際交流プログラムだけでも参加可能ですので、興味ある方は是非是非お問い合わせくださいね〜(^^)

Oさん、沖縄プログラムお疲れ様でした〜!

今後のご活躍も大いに期待しておりまーす!!

こんな国際交流プログラムもやってみたい!離島編

結構な学校で夏休みが終わり、昨日から二学期という学校も多かったのではないでしょうか(^^;

8月いっぱいは休ませてあげたらいいのにね〜と思う昭和の人間です。

と、実はこの週末、個人的にですが縁あって金土日と2泊3日で渡嘉敷島キャンププログラムに参加してきました。

68794216_2242722512463697_926142193381408768_o

何のプログラムだったかというと、まさかのジュニアライフセービング育成プログラムという、未来のライフセーバーを育てようというなかなかマリン系に関わることがない私にはハードルの高いプログラムでした(^^;

しかし、県内外から様々な子供達が集まってきて、二泊三日を共に過ごし海のアクテビティを思い切り満喫しながらも色々なことも学ぶという、まさに育成事業をメインテーマとしたプログラムだったのです。

参加する子たちは常日頃からマリンアクティビィに触れている子供達ということで、海の遊び方が豪快!そして何の恐れも知らない、いや怖さを知っているからこその遊び方! 台風の影響もあって、波も結構高かったんですけどね(^^;

69940968_2245158408886774_6002572664265244672_o

もちろん同時に海の生態系や危険性なども身を以て学ばせて、より安全にマリンアクティビィを楽しむということを心得させているのも良かったですね。

そして見知らぬ同士の子供たちの共同生活というのがまたとても感動的だったんです。これもプログラムの中の大きなテーマだと思うのですが。

子供同士で班を作り、協力して色々なことを共同で行う、仲間同士を助ける意識、協力する意識、団体生活の大切さ、目の配り方の大切さなどなど。

69391874_2242721895797092_8412639961223790592_o

1日も過ぎるともうすっかり打ち解けて、徐々に仲間という意識が芽生えてくる。海という楽しくもあるがその分危険性も高いアクテビティでは、人と人とが気配りすることで事故を防げる。自己中心的な動きでは自分だけではなく周りまで危険な目に合わせてしまう可能性も出てくるなど。

そういったキャンプでの学びを通して、日常生活での自分自身のあり方も見つめ直し成長させていこうというプログラムなのです。

69671495_2242721845797097_8854104681618604032_o

いや〜、マリン系を得意としない、というか逆に不得意なワタクシにとっては、子供よりも学びが多かった気がします(^^;

と、そこで思ったのが、こういった育成プログラムやキャンププログラムは色々な団体やジュニアチームで行われていると思うけど、

ここに英語教育を取り入れて、日本の子供達半分、外国の子供達半分でプログラムを組んでしまう。

そして同じく班分けをして、バディも組ませて、無理にでも会話しないといけない状況を作る。

一緒にご飯も作れば遊びも一緒、寝るのも一緒でレクリエーションも一緒!

ここまでやれば、どうにか身振り手振りでもコミュニケーションはできるはず(^^)

もちろん大人もスタッフとして入り、バイリンガルスタッフも揃える。

日本語を使った手遊びとかレクとか、英語を使ったアメリカの遊びとか歌とか。

どっちにとっても忘れられない思い出になるし、語学への興味が芽生える。学ぶ語学ではなく、必要なツールとしての語学。

そういう可能性に気付けたことだけでも、今回参加してみて良かったなと思っています(^^)

もっともっと1人の人間として学んだことも多々ありましたが、それはあくまでもワタクシ個人的なことなので、、興味ある方いらっしゃればまた別の機会にでも(^^;

ということで、もしそういうプログラムあれば参加したい!!参加させたい!という声が多ければ、ぜひ企画してみようと思います♪

アナタの一声、お待ちしてまーす!

1 / 6412345...102030...最後 »