ますます加速する国際化、スタッフ雇用も国際化がベスト!?

実は先週末、夏最後の悪あがきに!と、県内リゾートホテルの『Pool & Lunch』を楽しんできました(^^)

71388516_2279623078773640_7149864656452976640_o

『Pool & Lunch』 とは、その名の通りリゾートホテル内にてプールの入場券とランチがセットになっているプランで、言わば県民向けのプランと言ってもいいでしょうね♪

これが結構リーズナブルで♪

今回訪れた場所はリザンシーパークホテル、そこまで格式高いわけではないと思いますが、一日中プールで遊べて、合間にランチビュッフェも楽しめて、それで大人¥2200、子供¥1200!!

70665300_2279623188773629_2445408620037275648_o

巷ではランチビュッフェだけでもそれだけの値段、いやそれ以上の値段も普通にある!? よね(^^;

プールも、正直そこまで遊具があるわけでもないしサイズ的にも大きいとは言えないけども、それでもインドアプールは夜はナイトプールにもなって、温水だし夜9時まで遊べるってのはなかなか贅沢(^^)

69873619_2279623438773604_4852649712550936576_o

そんなプールで丸一日を満喫してきたんですが、明らかにここ数年で県内のホテル業界に変化が現れていることに気が付きます。

そう、スタッフの多国籍化!!

これまでもリゾートホテルだと受付カウンターだとか、コンシェルジュ的なポジションは英語も堪能な外国人スタッフが受け持っていた場面はよく目にしました。

しかし今回、なんとプールのスタッフもレストランのスタッフも半分以上が外国人!

70025086_2279623148773633_3774285198070382592_o

しかもあらゆる国籍! 英語は当たり前なんですかね、スペイン語、韓国語、中国語、様々な言語が飛び交っていて、どの国の観光客でも対応が可能という感じがしてましたね。

それだけ観光客の多国籍化が進んでいるということなんでしょうね〜!

加えて言えば、近年ではどの業界でも日本人を募集しても集まらないと聞くし、経営側からすれば日本人の代わりに外国籍のスタッフを入れて通常業務プラス外国人観光客の対応もしてもらえれば一石二鳥! 使えない日本人より、はるかにコストパフォーマンスは高いはず。

おそらくはという憶測ですが、彼らの多くはワーキングホリデービザで来ているんじゃないかなと予想してます。

まず技能実習ビザというのはあり得ないだろうし、あれだけの人数を就労ビザで取るほどのメリットがあるのかというとそれも疑問、そもそもリゾート業界というのは書き入れ時のシーズンにパートスタッフを補強して乗り切り、オフシーズンには正社員だけで乗り切るというのがスタンダードだと聞きます。

確かにそうでもしないと、ピーク時の人数を常時雇っていたら経営が大変なことになりますね。

というふうなことを考えると、外国籍の彼らも正規雇用であるとは考えにくい。

となると、学生ビザかワーホリビザ、もしくはツーリストビザになるが、ツーリストビザではバイトであっても労働は認められてないはず。

すると学生ビザかワーホリビザ、やっぱり経営側としても都合がいいのはワーホリビザなはず。

ここって案外リゾートアイランドの盲点なのかもしれない。

ワーホリで入ってくる外国人たちは、そこまで働きたい働きたい、稼ぎたいという思いでは日本に来ていないはず。

あくまでも観光や海外生活を体験しながら、少しの生活の足しにとバイトもしながら日本中を転々とするのが主流。

で、夏場であればリゾートアイランド沖縄に住みながら働いてみるのも大きな人生のメリットになる。

ホテルによっては宿も完備で賄いも付いてたりもするだろうし、魅力満点だよね♪

逆にホテル側としても、夏場だけ働いてもらえるとより助かる、しかも日々大きくなっていく外国人マーケットに対応できる人材が働いてくれる!

これはかなり最適なマッチングになり得ますよね♪

仮に不安材料があるとすれば、上に述べたように彼らはあまり稼ぐことを目的として入っては来てないので、仕事に対しての情熱がそこまで高い方ではないだろうということ。言い換えれば、中には無責任に今日で辞めまーすとか、今日はしんどいんで休みまーすてなことも考えられること。

なので、あとは人材育成の部分さえしっかりしていけば、雇用側、働き手、顧客、全ての満足度が高まる Win-Win-Win な関係性になれると思うんです!

ほんと日本人の仕事無くならんかね。。そこは怖いけど。

こういう風に考えると、ワーホリで訪れる外国人ていうのは、雇い方によってはかなり魅力が高い人材になっていくのかも。

リゾート業界だと既にこのように全てがマッチングするけど、考え方次第ではあらゆる業種でもマッチングさせていけるかもしれない♪

てことは、そこの分野に特化する一元化ビジネスも今後可能性が非常に高い!ということにもなるよね(^^)

そこ、今着々と始動させておりまーす!

興味のある方、協業してみませんか♪

お声掛けお待ちしてます(^^)

キューバンピーポーやってきた!

遂にフレンズアブロード代表長嶺が今週、キューバからキューバンピーポーを5人引き連れて帰ってきました!!

ホントに実現するんですね〜(゚o゚)!!

スタッフも空港へ横断幕掲げて歓迎に行きましたよ♪

2019-08-29 at 09.41.50

彼らにとって初の外国、初のアジア、初の沖縄!!

ここで彼らは仕事をしながら語学も学び、沖縄の文化や歴史も学び、キューバの経済発展のために頑張るんです!

ぜひ沖縄のことも向こうでも紹介してもらって、いろんな形の国際交流出来るといいですね!

キューバはスペイン語なので、少しばかり仕事現場での言語の壁が最初はあるかもしれないけど、彼らのラテンな明るいノリですぐに慣れてくれることでしょう(^^)

フレンズアブロードスタッフも、知らぬうちにスペイン語が上達してるかもしれないですね(^^;

彼らは糸満を拠点に生活をし、時には糸満ハウスにてキューバンパーティーを開いてくれるはずですので♪

興味ある方は、ぜひその際には遊びにいらしてくださいね(^^)

IMG_1025

いや〜、人生においてまさかのキューバ人との交流が出来る日が来るなんて、思ってもみなかったですよね!?

キューバのこと、カリブのこと、南米のことなどなどこれから色々聞いて、いつかは行ってみたい!!

という、今後かなりキューバ色が強くなるであろうフレンズアブロード(^^;

今後の動きも楽しみにしていてくださいね〜!!

Mr. Nagamine のとんでもキューバプロジェクト!

先日、弊社代表長嶺が現在キューバを訪れていて、優秀な人材を引き連れて帰ってくる話をしましたが。

今回、キューバにていろんな縁がとんでもないスピードで繋がりに繋がって!

なんと、長嶺自身が長年彼の内に秘めていた壮大なプロジェクトが実現するかもしれないということなんです!!

それが、これまた発想そのものが飛び抜けている(^^; んですが、

なんと、沖縄とキューバを舞台にした映画の制作!!なんです!!

その昔、長嶺の故郷糸満市からキューバに渡った人間がいる。

それが上原亀次郎さんで、彼が残した功績に心酔し、いつか彼のことを世界中に発信したい!

その想いがずっと長嶺の中で果てることはなく、キューバに関係する人物に会う度にその夢物語を熱く語っていた。

するとつい先日に、まさかのキューバの映画監督を知り合いに持つという沖縄JICAのキューバ研究生に出会い、キューバでの再開を約束。

そして今回のキューバ訪国の際にその再開を実現し、本当にキューバ1とも言われるアルミランテ監督に出会った!

67648076_2345337515547336_814746409763864576_n

このアルミランテ監督、つい最近にはオダギリジョー主演の日本とキューバの合作映画『エルネスト』でも関係者として大きく関わっており、キューバを舞台にした映画を制作するにはこの人しかいない!と言わしめるだけの存在なのです!

さらに脚本の内容も気に入ってくれているようで、ホントにひょっとするとひょっとすることが起こりかけているんです(^^;

68752592_2354294531318301_4651866279295057920_n

しかしもちろん巨額の制作費用などに関しての高いハードルがいくつもあることも現実、そこをどう一つ一つクリアしていくかが実現に向けての今後の課題となってくるでしょう。

67954626_2354294584651629_2139885554500632576_n

クラウドファンディングなどで皆さん個人個人にもご協力をお願いすることが出てくるかと思います。

その際にはぜひ!ご協力のほどよろしくお願いします♪

実現に至った際には、糸満市や沖縄が世界から注目を浴びるのは当然ながら、キューバとの親交も急速に高まるでしょうし、友好都市的な関係、そしてロケ地巡りなどで世界からの誘客が可能になるし、そこから沖縄の知名度がグンと伸びより世界的な観光アイランドへと成長、皆さんにとっても様々な付加価値が高まってくるものだと思われます。

なので、実際にプロジェクトが動き出した際には!後々に自分もこの映画の制作に協力したんだよ!と自慢してもらうためにも、是非是非ご協力ください(^^)

そしてプロジェクトの進捗もどうぞお楽しみに〜!!

フレンズアブロード 待望の人材派遣業始まる!

お盆明けましたね〜!!

ご先祖さまたちも楽しんで帰ってくれましたかね〜(^^)

女性陣はお料理や接待で大変だったことでしょう(^^;

男性陣は、、、単に飲み疲れ、といったところでしょうか!?

お盆の多忙でブログもアップできていませんでしたが、

さ〜、また気持ち切り替えて夏を乗り切っていきましょう〜!

ここのところは次回の大型カルチャーティーチングのホストとのやりとりが仕事のメインとなってますが、ウチナーンチュ向けのカルチャーティーチングサマープログラム(外国人ファミリーとの短期国際交流プログラム)も順調にこなしていってますよ〜!

やはりそこそこ応募があるということは、ウチナーンチュにもこのプログラムはニーズがあるということだし♪

体験された子供達、そしてご両親もすごく喜んでくれていて、提供側も仕事冥利に尽きます(^^)

来週もすでに2組入っていますし、夏休み終了までに何組いけるか楽しみです♪

まだまだ募集していますので、ぜひアナタのご参加もお待ちしています!

CT-フライヤー

もちろん夏休みが終わってからも引き続き、随時募集はしていますので、興味のある方はご連絡くださいね!

さて、最近フレンズアブロードでは実は極秘プロジェクトが進められてまして、って、代表本人からFacebookなどで公に情報アップされているので極秘も何もありませんが(^^;

 

弊社代表長嶺が現在、南米キューバに飛んで仕事をしているんです!

何の仕事かというと、

キューバにいる日系人を沖縄に送り、人手不足で悩んでいる企業への優秀な人材として派遣しようという規格外のプロジェクトなんです!

で、今回は実際に第一陣としてキューバ人5人のビザも取得し、今月末には一緒に沖縄に帰ってくるんです!

68629673_2345337568880664_7173660690828230656_n

そもそもすごい発想ですよね(^^;

この5人に関してはすでに県内での働き口が決まっているので、他企業へ送ることはできないんですが(><;

この第一陣を機に、今後どんどんと人材を受け入れていく予定ですので、もしもキューバ人(キューバ以外からも受け入れ予定)をぜひ我が社で採用したい!

という企業様いらっしゃいましたら、どしどしお声掛けください♪

キューバ、ラテンなノリの陽気な国、国民性もみんな明るく仕事場の雰囲気も明るくなると思いますよ(^^)

67948204_2350270075054080_2671144224145014784_n

生活物価指数が日本とは比較にならないとのことで、言い方が正しいかどうか分かりませんが、日本に来ることは彼らに取ってジャパンドリームで、一生懸命に働いて母国の家族の生活を楽にしたいという気持ちがとても強いようです。

逆にここ沖縄をはじめ日本ではどこもかしこも人材不足で、給与を高くしても人が集まらない。働いてたとしても続かない。人がいないから倒産にまで陥ってしまう。

てことは!? ここは双方で完全なるマッチングが起きるではないですか!?

日本企業はキューバ人の夢をお手伝いすることもできて、勤勉な働き手も増えて、売り上げも上がれば社内の雰囲気も上がる♪

キューバに興味を持ってキューバへ訪れる日も来るかもしれない、カリブ海に触れることで世界観が全く変わってしまうかもしれない!

67783308_2350270211720733_93073500377448448_n

どうですか!? こんな可能性の詰まった人材派遣事業、おそらくすぐにウチにもウチにも!という声で溢れると思います。

興味のある企業様、お声掛けお待ちしていますね(^^)!!

フレンズアブロード Tel: 098-878-7386  info@friendsabroad.jp

実はさらにとんでもないプロジェクトをキューバで開始し始めた長嶺ですが、それはまた後日に(^^)!

本当にひょっとするとひょっとして、とんでもないスケールのプロジェクトが始まるかもしれません!

外国人労働者を受け入れるなら必須な虎の巻出版!

フレンズアブロードでも発行に関わらせてもらいました、

『外国人スタッフ雇用のための社会保険・労働法ガイド 日英対訳付き』

という単行本がついに発行になりました〜(‘ ∇‘ )

51CxLtCsWiL._SX350_BO1,204,203,200_

著者は、県内で大活躍されている社会保険労務士事務所グスクードの代表 渡慶次 佳朗氏!

縁あってフレンズアブロードの方でも発行に向けての翻訳のお手伝いをさせてもらいました♪

そして中身がやはりスゴい!

この時代を見据えて、世の中で困りそうなことをいち早くキャッチして情報として集約、提供する。

すでに人手不足が社会問題となり、海外人材でも喉から手が出るほど欲しい!という時代になっていますよね。

しかし、必要なことは必要で、来てくれるならいくらでも雇いたいけど、、いざ雇ってみても大丈夫なんだろうか。

雇用形態、社会保障、就業規則などなど、国が違っても理解してくれるのだろうか、守ってくれるのだろうか、文化の違いと言い張られたりしないだろうか。

そんな心配がごまんとあるはずです。

そんな事業主さんにかなり強い味方となってくれるのがこちらのガイド本!!

日々社労務として活躍され生の現場を見てきている渡慶次さん、そして長きに渡る海外での実際の生活を体験しているからこその目線。

そこから生み出されるQ&Aは、今外国人を雇っている現場で実際に起こっている困りごとを、そしてこれから外国人を雇っていこうと思っている事業社さんにも大いに役立ってもらえる内容なはずです!

我々フレンズアブロードでも、海外人材派遣事業をスタートしていますので、派遣先の事業社さんへはどんどん勧めて、いや強制的にでも!? バイブルとして読んでいってもらおうと思っています(^^)

アマゾンや全国書店でも購入が可能ということです♪

ぜひ!今後のグローバル社会に向けて、ご一読ください!

1 / 212